★予想!寺地拳四朗×久田哲也

1.寺地のKO勝ち
100
2.寺地の判定勝ち
28
3.久田のKO勝ち
13
4.久田の判定勝ち
7
5.ドロー
6

[1]申し訳ないけど、執念とか気持ちとかそういったもので左右されるレベルを超えた実力差があると感じる│若田部ベンチ│4/16
[1]チャンピオンになってからの寺地Jr.の戦いぶりを見ていると、バンタム時代の長谷川穂積さんのような覚醒したと言うか、神がかったような強さがあるように思います。空いたブランクをものともせずに、序盤で見切って、4ー5Rくらいにいいカウンターを当てて、そのまままとめてストップ勝ちと見ます。│ローリングクレイドルホールド│4/16
[1]久田が前進し、寺地が下がりながら捌く展開が続くが、中盤に寺地のカウンターで久田ダウン。前進が鈍り寺地の強打が上下に刺さる様になり、ダメージの蓄積を見かねたレフェリーか久田を救助。6ラウンド2分30秒。│フゴー│4/15
[3]久田選手のプレッシャーに、徐々に逃げ場を失い、10ラウンドノックアウトで久田選手の勝利。│非A│4/13
[2]寺地選手が距離とって完全に試合をコントロール、久田選手は無数にパンチ貰い続けるも耐えて迎えた11R終了間際久田選手の左フックが炸裂ケンシロウダウン!苦笑いしながら立ち上がりここでゴング。最終回は久田選手攻めるが寺地選手クリンチも使い無理せず勝負は判定ヘ。久田選手の終盤の猛攻も及ばず117-110で寺地選手の判定勝ちとなった(笑)│sugaアール│4/13
[1]初回から、拳四朗の上下の打ち分けとステップワークに久田はついていけず。回を重ねるごとに一方的に。拳四朗のKO防衛。6〜10Rくらい。│トラトラトラ│4/11
[3]拳四朗の左が久田には通じず、拳四朗がリズムを崩す、そこに久田の左フックが炸裂してはやいラウンドでの久田のKO勝利。一躍ときの人に。│-│4/11
[1]実力、経験共にチャンピオンが有利。打ち合いたい久田に付き合わず、コツコツと左でポイントを重ねるだろう。 終盤、久田のカットもしくはそれ以外の負傷によるドクターストップを予想。判定までいったならは、フルマークでチャンピオンの勝ち。│春田真人│4/11
[2]寺地が機動力を活かして久田を翻弄。最後まで寺地の足と手数に対応できず大差判定になる。119-109くらいか。│弱太郎│4/11
[3]拳四朗の空間距離が久田の猛攻を抑えきれず4ラウンドに久田がKO勝利。36歳にして世界王者に。│-│4/11
[3]久田が最初から主導権を握り拳四朗を寄せ付けない強さをみせてまさかのKお利。│-│4/11
[2]寺地が中盤までジャブでポイントを稼ぎ上手く久田を捌くが前に出続ける久田と頭が当たり寺地が大流血そのまま負傷判定で勝利。│八百屋│4/10
[1]スタートから久田がアグレッシブに前進するが、寺地が鮮やかに捌く。有効打を集められだした6回くらいにはついに久田が下がりだし8〜9回でダウン、なんとか立ち上がるが詰められ倒される。│きっかけは町田│4/10
[1]序盤から打ち合いになるが、ハンドスピード、手数の差で久田が劣勢。4R当たりで久田が顔面をカット。出血しながらも意地を見せる久田だが、連打を纏められて8Rから9Rでレフェリーストップ。│浪速のドサ拳│4/10
[1]久田に勝ってほしいが、現実的にはこれか。2度くらいダウンを取られて、11回あたりでレフリーが試合を止めそう。│光太郎│4/10
[1]久田は根性の猛攻を見せるが、拳四朗の確実なボディが効いて6回にダウン。激しい打ち合いの中、9回に再度、左ボディで2度ダウン、ストップ!│隠し剣│4/10

人気商品ランキング